• 動物用医薬品

    指定医薬品

    要指示医薬品 注)

    犬用

    馬用

    注)注意-獣医師等の処方箋・指示により使用すること

    フルオロキノロン系抗菌剤

    ロメワン

    【 犬 】
    イヌの細菌性の結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、麦粒腫及び外耳炎の治療に

    【 馬 】
    ウマの細菌性の結膜炎、角膜炎及び眼瞼炎の治療に

    剤形 容量
    無色澄明 水性眼科耳科用液 5mL
    無色澄明
    剤形
    水性眼科耳科用液
    容量
    5mL

特性

【 犬 】眼科

  • イヌの眼科領域感染症治療剤として、日本で唯一のフルオロキノロン系抗菌点眼剤である
  • Staphylococcus intermedius、Streptococcus canis、Pseudomonas aeruginosaによる眼科感染症に有効である
  • イヌの細菌性の結膜炎、角膜炎、眼瞼炎及び麦粒腫に優れた臨床効果を示す [有効率(有効以上)85.8%(91例/106例)]
  • 承認時及び使用成績調査での総症例828例中1例(0.12%)に副作用が認められた。副作用内容は、乾燥性角結膜炎1件(0.12%)であった(再審査終了時)

【 犬 】耳科

  • イヌの耳科領域感染症治療剤として、日本で唯一の単剤のフルオロキノロン系抗菌点耳剤である
  • Staphylococcus intermedius、Streptococcus canis、Pseudomonas aeruginosaによる耳科感染症に有効である
  • イヌの細菌性の外耳炎に優れた臨床効果を示す
    [3~17日間投与での有効率(有効以上)は90.9%(100例/110例)、7日目までの投与での有効率(有効以上)は70.8%(63例/89例)]
  • 臨床試験における総症例151例の調査では、8症例(5.30%)に副作用が認められた。その内容は、菌交代症7件(4.64%)、点耳時の刺激1件(0.66%)であった

【 馬 】眼科

  • 日本初の馬用フルオロキノロン系抗菌点眼剤である
  • 馬の細菌性結膜炎、角膜炎及び眼瞼炎に対して良好な臨床試験成績
  • 組成

    • 1mL中塩酸ロメフロキサシン3.31mg(ロメフロキサシンとして3mg)を含有
      添加物として濃グリセリン、エデト酸ナトリウム水和物、ベンザルコニウム塩化物、水酸化ナトリウムを含有
  • 効能・効果

    • 【 犬 】
      有効菌種:
      本剤感受性のStaphylococcus intermediusStreptococcus canis、Pseudomonas aeruginosa

      適応症:
      細菌性の結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、麦粒腫及び外耳炎
    • 【 馬 】
      有効菌種:
      本剤感受性のStaphylococcus属、Streptococcus equiAcinetobacter lwoffiiEnterobacter agglomerans

      適応症:
      細菌性の結膜炎、角膜炎及び眼瞼炎
  • 用法・用量

    • 【 犬 】
      [ 眼科 ] 1回1~2滴、1日3回点眼する。
      [ 耳科 ] 1回4~5滴、1日2回、耳道内に滴下する。

      【 馬 】
      [ 眼科 ] 1回3滴、1日3回5日間点眼する。
  • 包装

    • 5mL×10
  • 使用期限

    • 製造後3年
※効能・効果、用法・用量、使用上の注意等の詳細については添付文書をご覧ください 動物用医薬品等一覧へ