社会・環境への取り組み

透明性に関する指針

企業活動と患者団体との関係の透明性に関する指針(SENJU)

千寿製薬株式会社(以下、当社)は、5感を通じた独創的な医薬品の研究・開発を行うことで、当社と関わるすべての人々が“しあわせ”になることを望んでおります。 そして、そのために当社が行う活動は患者団体の活動・発展に寄与していること及び、それらは高い倫理性のもとで行われていることを広くご理解いただくため、当社と患者団体との関係の透明性を高める必要があると考えております。 この様な背景のもと、当社では、「企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針(SENJU)」を策定いたします。

企業方針

当社が行うあらゆる活動は、日本製薬工業協会で定める「製薬協企業行動憲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」、「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従い行動する。

公開の時期と方法

各年度における患者団体への資金提供、謝礼等、労務提供について、年度決算の終了後に当社ウェブサイト等を通じて公開する。
2014年度(2013年度分実績)より公開を開始し、以降は当該年度実績を翌年度に公開する。
患者団体への資金提供に関する情報 2016年度

公開対象と内容

  • (1) 直接的資金提供
    対象:
    寄付金、会員・賛助会員費、協賛費、広告費等
    内容:
    直接的資金提供を行った患者団体及び費用項目ごとの金額を記載する。
  • (2) 間接的資金提供
    対象:
    患者団体支援を目的とした企業主催・共催の講演会、説明会、研修会等に支払う費用
    患者団体支援に関連して外部業者に委託した費用
    内容:
    間接的資金提供を行った患者団体名及び間接的資金提供総額を記載する。
  • (3) 当社からの依頼事項への謝礼等
    対象:
    講師、原稿執筆・監修、調査、アドバイザー等の費用
    内容:
    当社から依頼を行った患者団体名及び費用項目ごとの金額を記載する。
  • (4) その他
    対象:
    労務提供の有無
    内容:
    提供した患者団体名を記載する。

「患者団体」とは

患者・家族、その支援者が主体となって構成され、患者の声を代表し、患者・家族を支えあうとともに、療養環境の改善を目指し、原則として、定款・会則により定義された役割や目的をもつ患者会および患者支援団体とする

以上

社会・環境への取り組みトップへ戻る