社会・環境への取り組み

コンプライアンス

千寿製薬企業行動憲章

千寿製薬の役員・従業員等(以下、総じて「千寿製薬」という)は、法令の遵守はもとより、高い倫理観の下、千寿製薬の経営理念に則った企業運営を行なうことをもって、真に優れた医薬品及び、人々の健やかな生活に貢献する製品を開発・提供し、世界の人々の健康とよりよい生活の向上に寄与することに努める。
よって、千寿製薬は、この精神の実現を目的として以下を表明する。

  1. 5感(視・聴・嗅・味・触)の健康を通じて、人々の暮らしに潤いと喜びを届けるという目的の下、独創的な医薬品の研究開発に取組み、また、有効性・安全性を最優先した製品を、継続的かつ安定的に供給する。
  2. 臨床試験の実施に際し、医療機関の協力を得て、被験者の人権及び自由意思の尊重、個人情報の保護の徹底及び安全確保に十分留意のうえ、科学的厳正さをもって遂行し、また、必要な動物実験の実施に際しては、動物福祉に十分配慮して行う。
    また、千寿製薬は、関係法令、社内基準、治験実施計画書、科学的妥当性に基づいた適切なデータの取扱いのもと、医薬品の製造販売承認申請を行う。
  3. 医薬品の適正使用の確保のため、医薬品の品質・有効性・安全性に関する国内外の科学的に裏付けられた情報並びに製造販売後の情報を的確に収集・分析・評価、提供する。
  4. 公正かつ自由な競争に基づく適正な取引と流通を行い、また、政治・行政、医療関係者等との公明、公正かつ健全な関係を維持する。
  5. 高度IT化に鑑みて、十分な配慮のもと、個人情報、顧客情報をはじめとする各種情報の適正な保護及び万全な管理を行う。
  6. すべてのステークホルダーと適正なコミュニケーションを図り、企業情報を適時適切かつ公正に開示する。
  7. 環境問題が人類共通の課題であること、及び企業活動に必須の要件であることを認識、これに積極的に取り組む。
  8. 役員・従業員等の多様性・人格・個性を尊重するとともに、働きがいがあり、安全性に配慮した労働環境の維持に努め、また、役員・従業員等の倫理観の高揚と資質の向上を図る。
  9. 良き企業市民の模範となるよう、社会貢献活動を積極的に行う。
  10. 市民社会の秩序や安全に脅威を及ぼす反社会的勢力や、これに類する個人または団体からの不当要求には断固として拒絶し、裏取引や資金提供は行なわず、また一切の関係を遮断する。
  11. 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律や規制要件の遵守及び人権保護を含む各種の国際規範の尊重、ならびに文化や慣習、すべてのステークホルダーの関心に配慮した経営を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献する。

千寿製薬の経営者は、本憲章の精神の実現が自らの使命であることを認識し、率先垂範の上、自社及び関係会社にその徹底を図り、取引先にもこれを促すとともに、社内の声を常時把握し、実効ある社内体制を維持する。
経営理念に反するような事態が発生したときは、自らの責任において問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を全うし、権限と責任を明確にしたうえで、自らを含めて厳正な処分を行う。

千寿製薬コードオブプラクティスおよび公正競争規約の遵守

「千寿製薬コードオブプラクティス」、「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」の遵守を徹底しています。関連部署に担当者を置き、遵守状況の検証をしています。

社会・環境への取り組みトップへ戻る