学会発表実績

  • 一覧
  • 国内
  • 海外
海外

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2015 Annual Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Denver, Colorado
  • 〔263/C0135〕
    Intracellular uptake of drugs into cultured human corneal epithelial cells
    (培養ヒト角膜上皮細胞内への薬物取り込み)
    森 歩美,薮田 知穂, 大鳥 聡,東 光佳

    〔2309/B0214〕
    Transcriptome analysis of VEGF-induced human retinal microvascular endothelial cells
    (VEGF刺激ヒト網膜微小血管内皮細胞の網羅的遺伝子発現解析)
    野田 麻実子,中嶋 毅,東 光佳

    〔3650/A0144〕
    Protective Role of Glutathione Peroxidase 4 in Retinal Ganglion Cells
    (網膜神経節細胞内グルタチオンペルオキシダーゼ4の保護的役割)
    内田 孝俊1,2,酒井 修1,2,上田 高志1,天野 史郎3,4
    1 東京大学医学部眼科
    2 千寿製薬株式会社
    3 井上眼科病院
    4 宮田眼科病院

    〔3777/C0019〕
    Monkey RPE cell death induced by oligomeric Aβ
    (Amyloidβオリゴマーによるサル網膜色素上皮細胞の細胞死について)
    平田 真之1,T.R. Shearer2,東 光佳1, 2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University

    〔5481/B0040〕
    miRNA-203 regulates proliferation in cultured human corneal epithelial cells
    (miR-203は培養ヒト角膜上皮細胞の増殖を制御する)
    中川 あゆみ,中嶋 毅,東 光佳

第41回日本毒性学会学術年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:神戸コンベンションセンター、兵庫
  • 親水性分子に対するリン脂質症予測能の向上を指向したin silico予測手法の開発
  • 原ノ園 祐、山際 慶典、倉田 昌明、根本 真吾、厚見 育代、榊 秀之
海外

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2014 Annual Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Orlando, Florida
  • Monday, May 5, 2014, 11:00 AM - 12:45 PM
    2031 - C0050
    Role of glutathione peroxidase 4 in corneal endothelial cells
    (角膜内皮細胞におけるglutathione peroxidase 4(GPx4)の役割)
    酒井修1), 2)、上田高志1)、天野史郎1)
    1) 東京大学医学部眼科学教室
    2) 千寿製薬株式会社

    Sunday, May 4, 2014, 3:15 PM - 5:00 PM
    996 - A0385
    Selecting Fuchs Patients for Drug Trials Involving Endothelial Cell Migration
    (角膜内皮細胞遊走に関する薬剤を臨床試験するためのフックス患者選択)
    藤井敦子1),3)、W. Chamberlain2)、 東光佳1),3)、 T.R. Shearer3)
    1) 千寿製薬株式会社
    2) Department of Ophthalmology, Oregon Health & Science University, Portland, OR
    3) Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University, Portland, OR

    Monday,May 5, 2014, 11:00 AM - 12:45 PM
    1744 - A0113
    Hypoxia activates calpain in the nerve fiber layer of monkey retinal explants
    (サル網膜器官培養において低酸素処理により網膜神経線維層でカルパインが活性化する)
    平田真之1),2)、中嶋恵美1)、 T.R. Shearer2)、東光佳1),2)
    1) 千寿製薬株式会社
    2) Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University, Portland, OR

    Monday, May 5, 2014, 11:00 AM - 12:45 PM
    1724 - A0093
    FK962 enhances neurite elongation in cultured rat retinal ganglion cells
    (FK962はラット網膜神経節細胞の軸索伸長を促進する)
    掛樋正樹1)、 薮田知穂1)、吉松歩美1)、 岸本矢誉衣1)、T.R. Shearer2)、 東光佳1),2)
    1) 千寿製薬株式会社
    2) Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University, Portland, OR
海外

The Society of Toxicology (SOT) 2014 annual meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Phoenix, Arizona, USA
  • Abstract#/Poster#:1640/333
    ウサギ、イヌおよびサルの眼球に関する解剖学的特徴ならびにヒトとの比較
  • 厚見 育代、倉田 昌明、榊 秀之

第40回日本毒性学会学術年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:幕張メッセ、千葉
  • Reactive Oxygen Species産生機序に基づいたin silico光毒性予測の開発
  • 原ノ園 祐、倉田 昌明、根本 真吾、榊 秀之
海外

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2013 Annual Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Seattle, Washington, U.S.A

角膜器官培養アルカリ外傷モデルにおいてガレクチン3による上皮修復促進
藤井 敦子1,2, T.R. Shearer 2, 東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Science University

強膜-網脈絡膜への薬物移行に及ぼす物理化学的性質の影響
吉松 歩美1, 薮田 知穂1, 大鳥 聡1,2, 東 光佳1
1千寿製薬株式会社
2九州工業大学大学院情報工学府

海外

The Society of Toxicology (SOT) 2013 Annual Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:San Antonio、Texas、USA
  • Chemical structure-based in silico phototoxicity prediction: an approach from a combination of photochemical properties
    (化学構造に基づいたin silico光毒性予測:光化学的性質の組み合わせ)
  • 原ノ園 祐、倉田 昌明、根本 真吾、榊 秀之

第39回日本毒性学会学術年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:仙台国際センター(仙台市)
  • 不死化ヒト角膜上皮細胞を用いたコメットアッセイの検討
        (18日 優秀研究発表応募者口演、19日 ポスター発表)
  • ○掛樋 正樹, 宮下 史子, 古川 真理, 山際 慶典, 原ノ園 祐, 厚見 育代, 根本 真吾, 倉田 昌明, 榊 秀之

第49回日本眼感染症学会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:パシフィコ横浜、横浜
  • 前房内細菌汚染におけるガチフロキサシンの抗菌効果と関連するPK-PDパラメータ
  • ○香西 聖子、和田 智之、樽井 毅、喜田 徹郎、徳重 秀樹

日本製薬医学会 第3回年次大会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:臨床研究情報センター(神戸市)
  • ヒト副作用リスク軽減に向けた非臨床試験の取り組み-眼毒性について-
  • 厚見 育代

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2012 Annual Meeting (Ⅱ)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Fort Lauderdale, Florida, U.S.A

Program#/Poster#: 4279/A469
Abstract Title: Calpain Protease Causes Hypoxia-Induced Proteolysis in Cultured Human Retina
(カルパインプロテアーゼは、低酸素条件化ヒト網膜組織培養においてタンパク分解を引き起こす)
Presentation Start/End Time: Wednesday, May 09, 2012, 8:30 AM -10:15 AM
東 光佳1,2, Katherine B. Hammond1,2, 中嶋 恵美1,2, Thomas R. Shearer2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 4280/A470
Abstract Title: Contribution of Calpain and Caspases to Cell Death from Zinc Depletion in Cultured Monkey RPE
(亜鉛欠乏モデルにおけるサル網膜色素上皮細胞のカルパインとカスペースの関与)
Presentation Start/End Time: Wednesday, May 09, 2012, 8:30 AM -10:15 AM
Katherine B. Hammond1,2, 中嶋 恵美1,2, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 5372/A397
Abstract Title: Involvement Of Calpain In The Degeneration And Dysfunction Of Rat Retinal Nerve Fiber Layers Due To Acute Ocular Hypertension
(ラット急性高眼圧モデルにおける網膜神経層の変性および機能障害に対するカルパインの関与)
Presentation Start/End Time: Wednesday, May 09, 2012, 3:45 PM - 5:30 PM
鈴木 理恵1, 岡 隆之1, 玉田 義之1, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster# 1738
Abstract Title: Cell-injection Therapy using Cultivated Human Corneal Endothelial Cells in a Primate Model
(霊長類を用いたヒト培養角膜内皮細胞を用いた角膜内皮前房注入治療の試み)
Presentation Start/End Time: Monday, May 07, 2012, 2:30 PM - 2:45 PM
小泉 範子1,2, 奥村 直毅1,2, 坂本 雄二1,4, 山崎 健太1, 中原 マキ子1, 鳥居 隆三3, 上野 盛夫2, 羽室 淳爾2, 木下 茂2.
1 同志社大学生命医科学部
2 京都府立医科大学
3 滋賀医科大学動物生命科学研究センター
4 千寿製薬株式会社

Program#/Poster#: 5999/D820
Abstract Title: Rock Inhibitor Eye Drops Accelerate Corneal Endothelium Wound Healing In A Primate Model
(霊長類角膜内皮障害モデルを用いた選択的Rhoキナーゼ阻害剤点眼治療法の開発)
Presentation Start/End Time: Thursday, May 10, 2012, 8:30 AM -10:15 AM
奥村 直毅1,2, 小泉 範子1,2, 上野 盛夫2, 坂本 雄二1,4, 高橋 浩昭1,4, 山崎 健太1, 鳥居 隆三3, 羽室 淳爾2, 木下 茂2.
1 同志社大学生命医科学部
2 京都府立医科大学
3 滋賀医科大学動物生命科学研究センター
4 千寿製薬株式会社

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2012 Annual Meeting (Ⅰ)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Fort Lauderdale, Florida, U.S.A

Program#/Poster#: 1140/A605
Abstract Title: Contribution of Calpain and Caspases to Cell Death in Monkey RPE Cells Cultured Under Hypoxia or with A2E
(低酸素条件化およびA2E処置におけるサル網膜色素上皮細胞のカルパインとカスペースの関与)
Presentation Start/End Time: Sunday, May 06, 2012, 3:15 PM - 5:00 PM
Ryan D. Walkup1,2, Katherine B. Hammond1,2, 中嶋 恵美1,2, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 1799/A262
Abstract Title: Role of GDNF in FK962-induced Neurite Elongation of Cultured Rat Trigeminal Ganglion Cells
(FK962によるラット三叉神経節細胞の神経伸長効果におけるGDNFの関与)
Presentation Start/End Time: Monday, May 07, 2012, 1:45 PM - 3:30 PM
野田 麻実子1, 岸本 矢誉衣1, 薮田 知穂1, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 2359/A376
Abstract Title: Galection-3 Facilitates Corneal Epithelial Wound Healing In A Rat Model Of Dry Eye
(ラットドライアイモデルにおけるガレクチン-3の角膜上皮創傷治癒促進効果)
Presentation Start/End Time: Monday, May 07, 2012, 3:45 PM - 5:30 PM
佐々木 彩乃1, 玉田 義之1, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 3010/D859
Abstract Title: Increased Expression of Integrin α Chains and Their Ligands during Laser-Induced Neovascularization of Rat Choroid
(レーザー誘発脈絡膜血管新生モデルでのインテグリンα鎖とそれらのリガンドの発現量の亢進)
Presentation Start/End Time: Tuesday, May 08, 2012, 8:30 AM -10:15 AM
中嶋 毅1, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 3489/D793
Abstract Title: Involvement of Calpain in Retinal Ganglion Cell Death in a Rat Model of Anterior Ischemic Optic Neuropathy
(ラット前部虚血性視神経症モデルの網膜神経節細胞死におけるカルパインの関与)
Presentation Start/End Time: Tuesday, May 08, 2012, 1:45 PM - 3:30 PM
岡 隆之1, 鈴木 理恵1, 玉田 義之1, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

Program#/Poster#: 3540/D918
Abstract Title: Galectin-3 Facilitates Epithelial Wound Healing in Explanted Monkey Corneas
(サル角膜組織培養におけるガレクチン-3の創傷治癒促進効果)
Presentation Start/End Time: Tuesday, May 08, 2012, 1:45 PM - 3:30 PM
藤井 敦子1,2, Thomas R. Shearer2, 東 光佳1,2.
1 千寿製薬株式会社
2 Oregon Health & Sciences University

日本薬学会第132年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:北海道大学(札幌市)
  • No. 31P2-pm113 (3/31ポスター発表)
    ブロムフェナク点眼液の保存効力に対するブロムフェナクの影響
    (Effectivity of bromfenac for antimicrobial activity in bromfenac ophthalmic solution)
  • ○朝山 和喜子、西畑 秀一、家本 涼香、山口 正純、安枝 真一

日本薬学会第132年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:北海道大学(札幌市)
  • No. 29P2-pm051 (3/29ポスター発表)
    N-Acetylneuraminic acidを指標とした点眼剤に混入した眼脂の同定法の開発
    (Comparative studies of HPLC-fluorometry and LC/MS method for the determination of
  • ○岩塚 欣也1、安枝 真一1、播戸 栄治1、藤井 博教1、寺田 隆1、大久保 宏哉1 、岩本 裕貴2、木下 充弘2、掛樋 一晃2
    1 千寿製薬株式会社、2 近畿大学薬学部

第34回日本分子生物学会年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:パシフィコ横浜、横浜市
  • ROCK and PKC activation induced by latanoprost acid in cells from human trabecular meshwork
    (ヒト線維柱帯培養細胞において、ラタノプロスト酸はROCKとPKCを活性化する)
  • 古川 真理、榊 秀之、東 光佳
    千寿製薬株式会社

最新15件2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年