研究開発パイプライン

新製品開発状況についてpdf(2018年11月1日)

【2018年11月現在】

1.開発進捗状況(フェーズ3以降の情報を開示しています)

国、地域 臨床試験
フェーズ3
申請中 承認
日本

SJP-0125
<緑内障・高眼圧症>

SJP-0135
<緑内障・高眼圧症>

アジスロマイシン
<眼感染症・周術期滅菌法>

 
海外

SJP-0035
<ドライアイ>
米国

   

2.開発品状況

開発テーマ剤形特性対象疾患
アジスロマイシン 点眼 マクロライド系抗生物質 細菌性結膜炎他
周術期滅菌法
SJP-0125 点眼 配合点眼液 緑内障、高眼圧症
SJP-0135 点眼 配合点眼液 緑内障、高眼圧症
SJP-0035 点眼 新規作用機序 ドライアイ

3.開発品情報(補足資料)

アジスロマイシン マクロライド系の抗菌点眼剤で、強粘性により薬剤の滞留性を高め、点眼回数の減少を図っている。