研究開発パイプライン

新製品開発状況についてpdf(2017年5月9日)

1.開発進捗状況

国、地域 探索的臨床研究
フェーズ2
検証的臨床研究
フェーズ3
申請中 承認
日本

Y-39983
<緑内障治療剤>

ジフルプレドナート
<黄斑浮腫治療剤>

アジスロマイシン
<眼感染症・
術前滅菌法>

イブプロフェンリジン塩
<未熟児動脈管開存症>

 
海外    

ブロムフェナク
<炎症疾患治療剤>
ロシア

ガチフロキサシン
<細菌性結膜炎治療剤>
中国

ヒアルロン酸ナトリウム
<角結膜上皮疾患治療剤>
ベトナム

ブロムフェナク
<炎症疾患治療剤>
ベトナム

2.開発品状況

開発テーマ開発コード剤形薬効・作用機序対象疾患
アジスロマイシン
(Azithromycin)
SJP-0118 点眼 マクロライド系抗生物質 細菌性結膜炎他
術前滅菌法
イブプロフェンリジン塩
(Ibuprofen lysine)
SJP-0129 注射 NSAID 未熟児動脈管開存症
Y-39983SNJ-1656点眼ROCK阻害緑内障・高眼圧症
ジフルプレドナート
(Difluprednate)
SJE-2079 点眼 副腎皮質ステロイド 糖尿病黄斑浮腫
ガチフロキサシン
(Gatifloxacin)
  点眼 ニューキノロン 細菌性結膜炎
ブロムフェナク
(Bromfenac)
  点眼 NSAID 外眼部および内眼部の炎症性疾患
(術後炎症を含む)
ヒアルロン酸ナトリウム
(Sodium hyaluronate)
  点眼 涙液保持・乾燥防止 角結膜上皮疾患

3.開発品情報(補足資料)

アジスロマイシン
(Azithromycin)
マクロライド系の抗菌点眼剤で、強粘性により薬剤の滞留性を高め、点眼回数の減少を諮っている。
イブプロフェンリジン塩
(Ibuprofen lysine)
医療上必要性の高い未承認薬として、厚生労働省より開発企業の公募が行われた薬剤
Y-39983Rho キナーゼ阻害作用により、線維柱帯からの房水排出(conventional outflow)を促進する全く新しいタイプの薬剤。
視神経乳頭の血流改善作用や視神経再生作用など多彩な薬理作用を有する。
ジフルプレドナート
(Difluprednate)
強力な抗炎症作用を有するステロイド点眼剤。
エマルション製剤化技術により眼組織移行性が向上している。
ガチフロキサシン
(Gatifloxacinn)
細菌のDNAジャイレースおよびトポイソメレースⅣを阻害することで強力な抗菌効果を発揮する第4世代フルオロキノロン点眼剤。
中国での販売名:格替
ブロムフェナク
(Bromfenac)
ステロイドに匹敵する効果を有する強力な非ステロイド性抗炎症剤 (NSAID)。
ベトナムでの販売名(予定):BRONUCK
ロシアでの販売名(予定):NUCKONE
ヒアルロン酸ナトリウム
(Sodium hyaluronate)
<下記疾患に伴なう角結膜上皮疾患が対象>
  • シェーグレン症候群、スチーブンス・ジョンソン症候群、眼球乾燥症候群(ドライアイ)等の内因性疾患
  • 術後、薬剤性、外傷、コンタクトレンズ装着等による外因性疾患