研究

基礎研究
新薬の開発は、薬になる可能性のある新しい物質や成分を発見したり、化学的に創り出すための研究からはじまります。最先端の技術と情報を駆使して、疾患のメカニズムを分析し、オリジナルの医薬品を創製することを目指しています。千寿製薬のオキュラーサイエンス研究所では、神戸研究室と米国のオレゴン研究室とで連携しながら、研究を行っています。オレゴン研究室はオレゴンヘルスサイエンス大学と協力体制を築き、より開発を意識した基礎研究ができる環境が整っています。また米国に研究部門を置くことで、国際化の拠点としても、重要な役割を担っています。
非臨床試験
医薬品候補化合物の中から眼疾患治療に有効と見られる化合物を対象にスクリーニング試験を行います。その結果に基づいて、候補化合物を対象に非臨床試験と呼ばれる試験を実施します。神戸にあるコーベクリエイティブセンターでは動物や培養細胞を用いて有効性と安全性を調べるとともに、その動態(吸収・分布・代謝・排泄の過程)や、品質、安定性に関する試験も行い、臨床試験を開始するための法規制に基づいたデータを取得しています。
先輩社員紹介
  • 社員を知る研究職/先輩社員紹介
  • 社員を知る研究職/先輩社員紹介