お知らせ

2012年1月18日

 

緑内障・高眼圧症治療剤『アイファガン®点眼液 0.1%』の製造販売承認取得について

 

当社は、本日、厚生労働省より、緑内障・高眼圧症治療剤である『アイファガン®点眼液 0.1%』(一般名:ブリモニジン酒石酸塩)の製造販売承認を取得しましたのでお知らせします。

 

ブリモニジン酒石酸塩は、米国アラガン社において開発されたアドレナリンα2受容体に高い選択性を示す新規の眼圧下降薬であり、房水産生を抑制するとともに、ぶどう膜強膜流出路を介した房水流出を促進し、眼圧下降効果を示します。このブリモニジン酒石酸塩の点眼剤は、1996年に米国にて「開放隅角緑内障又は高眼圧症」を適応症として承認され、現在、米国を始めとする84の国と地域で承認を取得し、広く医療現場で使用されています。(2011年9月現在)

 

今回承認された『アイファガン®点眼液 0.1%』は、国内臨床試験において原発開放隅角緑内障(広義)に対して単薬治療あるいは他の緑内障治療薬との併用治療により、長期にわたって安定した眼圧下降効果を示しました。

 

承認内容の概要は以下のとおりです。

承 認 日

2012118

製 品 名

アイファガン®点眼液 0.1%

一 般 名

ブリモニジン酒石酸塩

剤型・含量

1mL中にブリモニジン酒石酸塩1.0mgを含有する水性点眼剤

効能・効果

次の疾患で、他の緑内障治療薬が効果不十分又は使用できない場合:

緑内障、高眼圧症

用法・用量

通常、11滴、12回点眼する。

 

本剤の特徴:

(1)アドレナリンα2受容体に高い選択性を示す新規の緑内障・高眼圧症治療剤*です。

*他の緑内障治療薬が効果不十分又は使用できない場合

(2)房水産生抑制および房水流出促進(ぶどう膜強膜流出路)により眼圧を下降させます。

(3)原発開放隅角緑内障(広義)および高眼圧症でPG関連薬との併用下においても良好な眼圧下降効果を示し、また、長期にわたって安定した眼圧下降効果を示しました。

 

以上

 

お知らせ一覧へ戻る