Eyeノート[目の病気]

のアイコンがついたリンクをクリックすると「目のしくみと涙のしくみ」をポップアップでご覧いただけます

ポップアップについて

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜はカメラでいえばフィルム。ものを見るのに大変重要

ものを見るしくみ(イメージ)網膜は目の奥・眼底(がんてい)にある組織です。そこには視細胞と呼ばれる光を感じる細胞があり、ここで受けとられた映像は電気信号に変換されて、視神経を通じ脳に送られ認識されます。このように網膜は、カメラでいえばフィルムにあたり、ものを見るために大変重要な働きを担っているのです。

網膜が剥がれる「網膜剥離」が起こると、見える範囲(視野)の一部が欠け、大変見えにくくなります。

網膜剥離は20歳代、50歳代以降に多い

近視が強い人は、網膜剥離を起こしやすい傾向にあります。また年代別では20歳代と、50歳代以降に多いことがわかっています。中高年の人では、加齢により硝子体(しょうしたい)が変化して起こるのものが多く、網膜に孔(あな)が空くため、裂孔原性(れっこうげんせい)網膜剥離と呼ばれます。

網膜剥離(イメージ) 裂孔原性網膜剥離(イメージ)

幕がかかったように見えたり、存在しない光が見えることがあります

目の前に糸くずや虫のようなものが見える、いわゆる「飛蚊症(ひぶんしょう)」は、生理的に生じるもので加齢によって生じます。しかし、急に大きな影のようなものが見えるようになった場合には、網膜剥離が疑われ、注意が必要です。 また、硝子体が網膜前面から外れるときに、キラキラと光が見えるように感じる(光視症:こうししょう)のも、網膜剥離の前段階として特徴的な症状です。進行してくると、カーテンや幕がかかっているように見えるなど、視野の欠けを自覚します。

見え方のシミュレーション: 正常(左)、光視症(中央) 、網膜剥離(右)

見え方の異常を感じたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

放置すると、進行して失明してしまうことも

網膜剥離が網膜の中心で最も重要な黄斑部(おうはんぶ)にまで及ぶと、視力低下が起こり、放置しておくと失明に至る場合もあります。網膜裂孔に対しては、剥離が起こらないよう、レーザー治療を行います。剥離に至った場合は、手術が必要になります。

一覧へ戻る