Eyeノート[目の病気]

のアイコンがついたリンクをクリックすると「目のしくみと涙のしくみ」をポップアップでご覧いただけます

ポップアップについて

角膜潰瘍(かくまくかいよう)

角膜は、表面を覆う涙や上皮細胞で守られています。しかし感染、外傷など、何らかの原因により 、角膜の実質まで深く障害が及ぶ場合があります。この状態を角膜潰瘍といいます。自覚症状としては目の痛みなどをともないますが、この状態がひどくなると、角膜に穴があく角膜穿孔(かくまくせんこう)に至る場合があります。角膜実質障害の原因が感染性であればその治療を行います。症状が重い場合には角膜移植術を行うこともあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

一覧へ戻る