Eyeノート[目の病気]

のアイコンがついたリンクをクリックすると「目のしくみと涙のしくみ」をポップアップでご覧いただけます

ポップアップについて

流行性角結膜炎[はやり目](りゅうこうせいかくけつまくえん [はやりめ])

はやり目とはアデノウイルスによる感染症

はやり目とはアデノウイルスによる感染症はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。
感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。
まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられるようになります。
そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。
目の症状以外にも、耳前リンパ節の腫れ・圧痛が特徴的な症状としてみられます。
発症は夏に多く、1~5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて幅広い年齢でかかります。

きちんと治るまで登校、出社は停止

現時点では、はやり目の原因であるアデノウイルスに対して有効な薬剤はありません。しかし、アデノウイルスの感染を確認するためにも眼科受診による正しい診断は大切です。

はやり目自体は3週間ほどで自然に治りますが、別の細菌などの混合感染を予防するために、抗菌薬の点眼を行います。また、角膜の濁りがみられる場合には、ステロイド薬の点眼を行います。
なお、はやり目は、学校保健安全法により、感染力がなくなったと医師が判断するまでは学校へ出席できない疾患に指定されています。大人の場合も感染を広げないために出社は控えます。

はやり目をうつさない、うつらないために

アデノウイルスは、伝染性が非常に高いウイルスで、主に手を介して伝染します。
はやり目を家族にうつさないために、あるいは家族内でうつらないために、以下の点に注意しましょう。

  • 手で目をこすらない
  • 患者さんとそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを分ける
  • 患者さんもその家族も流水でよく手を洗う
  • 目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーなどの使い捨てのものを使用する
  • お風呂は患者さんが最後に入る

手で目をこすらない よく手を洗う

一覧へ戻る