Domestic

  • 第163回日本獣医学会学術集会

    開催日:2020年9月8日~9月10日

    開催地:山口大学(Web開催)

    心血管系影響評価におけるウサギの有用性:眼科用医薬品の安全性評価への応用に向けた点眼投与による検討

    厚見 育代、山際 慶典、田原 春菜、鈴木 源、原ノ園 祐、倉田 昌明

  • 第47回日本毒性学会学術年会

    開催日:2020年6月29日〜7月1日

    開催地:仙台国際センター(Web開催)

    心血管系影響評価におけるウサギの有用性:眼科用医薬品の安全性評価への応用に向けた予備検討

    政次美紀, 厚見育代, 山際慶典, 倉田昌明

  • 第47回日本毒性学会学術年会

    開催日:2020年6月29日〜7月1日

    開催地:仙台国際センター(Web開催)

    遺伝毒性物質の単回点眼投与によるウサギ角膜上皮細胞のin vivoコメットアッセイの検討

    田原春菜、山際慶典、政次美紀、鈴木源、厚見育代、原ノ園祐、倉田昌明

  • 第124回 日本眼科学会総会

    開催日:2020年4月27日〜5月10日

    開催地:東京(Web開催)

    新規ブリモニジン/ブリンゾラミド配合点眼剤の第Ⅲ相比較試験

    相原一1、関弥卓郎2

    1 東京大学

    2 千寿製薬株式会社

  • 第124回 日本眼科学会総会

    開催日:2020年4月27日~5月10日

    開催地:東京(Web開催)

    新規0.1%ブリモニジン/1%ブリンゾラミド配合点眼剤のウサギを用いた薬物動態試験

    酒井 修、鈴木 源、香西聖 子、倉田 昌明、河村 章夫

  • 第36回 日本毒性病理学会総会及び学術集会

    開催日:2020年2月13日~14日

    開催地:東京

    亜硫酸ニッケル(Ni3S2)を単回硝子体内投与したラットの腫瘍性病変及び非腫瘍性病変の病理組織学的解析

    山際 慶典1,政次 美紀1,田原 春菜1,倉田 昌明1,佐藤 洋2

    1 千寿製薬株式会社

    2 岩手大学農学部獣医学科

  • 第12回 Retina Research Meeting

    開催日:2019年11月30日

    開催地:東京

    ヒトiPS細胞由来眼胞の培養法及びそれを用いた神経突起長及び突起数の定量的評価法の確立

    平田 真之

  • 第73回 日本臨床眼科学会

    開催日:2019年10月24日~27日

    開催地:国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都

    新規ブリモニジン/チモロール配合点眼剤の第III相長期投与試験

    福地健郎1、新家眞2、関弥卓郎3

    1 新潟大学

    2 公立学校共済組合関東中央病院

    3 千寿製薬株式会社

  • 第73回 日本臨床眼科学会

    開催日:2019年10月24日~27日

    開催地:国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都

    新規ブリモニジン/チモロール配合点眼剤のチモロール対照第III相比較試験

    中村誠1、新家眞2、関弥卓郎3

    1 神戸大学

    2 公立学校共済組合関東中央病院

    3 千寿製薬株式会社

  • 第34回年会 日本薬物動態学会

    開催日:2019年10月9日~12日

    開催地:つくば市

    The pharmacokinetic evaluation of ophthalmic administered drugs in the aqueous humor of rabbits using a sequential sampling method
    連続採取による点眼投与後のウサギ房水中薬物動態評価

    RyoYoshinaga、Akio Kawamura

See more

Overseas

  • ARVO 2019

    開催日:2019年4月27日~5月2日

    開催地:Canada(Vancouver)

    Establishment of retinal pericyte loss model induced by PDGFR inhibitor in mice

    冨本 千秋、酒井 修

  • ARVO 2019

    開催日:2019年4月27日~5月2日

    開催地:Canada(Vancouver)

    Transgenic mice expressing Transforming growth factor-β2 increased intraocular pressure

    植村 朋香、酒井 修、坂本 雄二

  • 16th European Congress of Toxicologic Pathology

    開催:2018年9月11日~14日

    開催地:Denmark

    Comparison of pathological features of corneal phospholipidosis between juvenile and young-adult rabbits treated with the topical ocular application of chloroquine and amiodarone

    山際 慶典、武井 由弘 1、小泉 治子 1、佐藤 洋 2、根本 真吾、倉田 昌明

    1 株式会社イナリサーチ

    2 岩手大学農学部獣医学科

  • ARVO 2018

    開催:2018年4月29日~5月3日

    開催地:US(Honolulu, HI)

    Accumulation of a calpain specific alpha-spectrin breakdown product in drusen from AMD patients: Possible calpain activation in RPE and photoreceptors

    小林 桃子 1、中嶋 恵美 1、Thomas R. Shearer 2、東 光佳 1,2

    1 千寿製薬株式会社

    2 Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University

  • ARVO 2018

    開催:2018年4月29日~5月3日

    開催地:US(Honolulu, HI)

    Differentiation of human iPSC-derived optic vesicles into numerous types of retinal cells

    折原 佳奈 1、薮田 千穂 1、東 光佳 1、東 範行 2

    1 千寿製薬株式会社

    2 東京成育医療センター

  • World Glaucoma Congress 2017

    開催日:2017年6月28日~7月1日

    開催地:Helsinki, Finland

    Development of a new rat glaucoma model for analysis of mechanisms for retinal ganglion cell loss

    Ayumi Nakagawa1、Takashi Fujishiro2、Makoto Aihara2

    1 千寿製薬

    2 Department of Ophthalmology, University of Tokyo, Tokyo, Japan

  • Society of Toxicologic Pathology 36th Annual meeting

    開催日:2017年6月24日~29日

    開催地:Canada

    Histological features of the Nasal Cavity in the Juvenile White Rabbit

    山際 慶典

  • ARVO 2017

    開催日:2017年5月7日~11日

    開催地:ボルチモア

    The effect of reversed light-dark cycle on circadian rhythm of intraocular pressure in mice

    鈴木 理恵

  • the 56th Annual Meeting and ToxExpo

    開催日:2017年3月12日~16日

    開催地:Baltimore

    Exposure of sodium iodate in aquarium do not induce histopathological changes in the retina of larval, juvenile, and adult zebrafish

    貞本 和代

  • Graefe's Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology

    開催日:2016年10月24日~31日

    FK962 induces neurite outgrowth in cultured monkey trigeminal ganglion cells

    中嶋恵美1、Thomas R. Shearer2

    1 千寿製薬

    2 Oregon Health & Science University

See more