論文投稿実績2014

光吸収および光反応の記述子を用いたin silico光毒性予測手法の開発

  • 原ノ園祐,倉田昌明,榊秀之
  • The Journal of Toxicogical Science 2014 vol.39 No. 4 655-664

ヒト水晶体上皮細胞におけるカルパスタチンの消失は、カルパインの活性化を誘導する

  • 中嶋 毅1, Shearer TR2, 東 光佳1,2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University
  • Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014 Jul 22;55(8):5278-83

LASIK受診者のドライアイ症状

  • 東 光佳1,3, 薮田 知穂1, Fraunfelder FW2, Shearer TR3
    1 千寿製薬株式会社
    2 Department of Ophthalmology, Oregon Health & Science University
    3 Department of Integrative Biosciences, Oregon Health & Science University
  • BMC Res Notes. 2014 Jul 3;7:420.

SIRC細胞およびウサギ角膜上皮細胞に存在するN-結合型糖鎖およびグリコサミノグリカンの比較解析

  • 岩塚 欣也1、岩本 裕貴2、木下 充弘2、稲田 勝弘1、安枝 真一1、掛樋 一晃2
    1 千寿製薬株式会社
    2 近畿大学薬学部
  • Curr Eye Res.2014;39(7):686-694

レーザー誘発脈絡膜血管新生のメカニズムの解明:インテグリンα鎖とそれらのリガンドの発現亢進

  • 中嶋 毅1、平田 真之1,2 、Thomas R Shearer2、東 光佳1,2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Oregon Health & Science University
  • Mol Vis. 2014 Jun 19;20:864-71

ラット急性高眼圧モデルの網膜変性及び機能障害におけるカルパインの関与

  • 鈴木理恵1, 岡 隆之1, 玉田 義之1, Shearer TR 2, 東 光佳1,2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Oregon Health & Science University 
  • J Ocul Pharmacol Ther. 2014 Jun;30(5):419-28.

点眼投与された非ステロイド性抗炎症薬のウサギ網脈絡膜における薬物動態と薬効

  • 喜田 徹郞1,2、香西 聖子1、髙橋 浩昭1、井坂 光良1、徳重 秀樹1、坂本 泰二2
    1 千寿製薬株式会社
    2 鹿児島大学大学院
  • PLoS One. 2014;9(5):e96481

カルパインプロテアーゼがヒト培養網膜での低酸素によるタンパク質分解を引き起こす

  • 東 光佳1,2, K. B. Hammond1, 中嶋 恵美1,2, T. R. Shearer2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Oregon Health & Science University
  • Curr Eye Res.2014;39(4):421-424

サル網膜色素上皮細胞を亜鉛欠乏下で培養するとミトコンドリアのカスパーゼ経路およびそれに続くカルパインが活性化する

  • 中嶋 恵美 1,2、K. B. Hammond 1、T. R. Shearer 2、東 光佳 1,2
    1 千寿製薬株式会社
    2 Oregon Health & Science University
  • Eye (Lond). 2014 Jan;28(1):85-92.

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年