論文投稿実績2009

眼局所を模擬するin vitro pharmacokinetic modelを用いたEnterococcus faecalisに対するガチフロキサシン点眼液の効果に及ぼす投与間隔の影響の検討

  • 香西 聖子、和田 智之、喜田 徹郎、多鹿 哲也、榊 秀之、大鳥 聡
  • International Journal of Antimicrobial Agents:34,561-5,2009.

カルシウムイオノフォアで処理したヒトおよび霊長類の培養水晶体は、ヒト白内障の顕著な特徴であるC末のリジンが切れたαBクリスタリンを形成する。

  • 中嶋恵美1, Larry L. David 2, Michael A Riviere 3, 東 光佳 1, Thomas R. Shearer 3
    1 Senju Pharmaceutical Co., Ltd., Senju Laboratory of Ocular Sciences, Beaverton, Oregon, United States; Departments of Integrative Biosciences, Oregon Health Sciences University, Portland, Oregon, United States
    2 Biochemistry and Molecular Biology, Oregon Health & Science Univiersity, Portland, Oregon, United States
    3 Departments of Integrative Biosciences, Oregon Health Sciences University, Portland, Oregon, United States
  • Investigative Ophthalmology & Visual Science, December 2009, Vol. 50, No. 12. 5828-5836.

ガチフロキサシン点眼液(ガチフロ®点眼液0.3%)の製造販売後調査―特定使用成績調査(新生児に対する調査)―

  • 丸田真一*1, 末信敏秀*1, 羅 錦營*2
    *1 千寿製薬株式会社, *2 羅眼科
  • あたらしい眼科 2009年10号:1429-1434

ビマトプロストの作用機序の特徴 -プロスタグランジン誘導体との比較-

  • 和田智之1, Larry A Wheeler2, David F Woodward2
    1 千寿製薬株式会社, 2 Allergan Inc.
  • 医学と薬学. 2009;62:525-534.

カルパイン阻害剤SNJ-1945はヒト網膜血管内皮細胞の血管新生を抑制する

  • Ma H, Tochigi A, Shearer TR, Azuma M.
    Department of Integrative Biosciences, Oregon Health and Science University
  • J Ocul Pharmacol Ther. 2009 Oct;25(5):409-14.

春季カタル治療剤「タリムス点眼液0.1%」の非臨床および臨床成績

  • 和田 道成
  • 眼薬理 Vol.23 7-10, 2009

米国におけるプロスタグランジン点眼薬の動向

  • 小河 貴裕
  • 眼薬理 Vol.23 73-75, 2009

涙液中におけるインドメタシンを含有するキトサンコーティング乳剤点眼剤の粘膜接着性

  • 山口 正純1、上田 佳代子1、礒脇 明治1、大鳥 聡1、竹内 洋文2、大黒 伸行3、東條 角治4
     1 千寿製薬株式会社
     2 岐阜薬科大学 薬物送達学大講座 製剤学研究室
     3 大阪大学大学院 医学系研究科
     4 九州工業大学 情報工学部 治療システム研究室
  • Biol. Pharm. Bull. 32 (7) 1266-1271

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年