論文投稿実績2005

ピマリシン外用液(ミミィーナ®)の犬の真菌性外耳炎に対する有効性と安全性に関する調査

  • 末信敏秀*1, 下地英実*1, 佐藤正勝*2
    *1 千寿製薬株式会社, *2 佐藤獣医科医院
  • 獣医臨床皮膚科 2005年4号:177-187

ブロムフェナクナトリウム点眼液(ブロナック点眼液)の市販後調査-使用成績調査-

  • 北尾尚子*1, 下地英実*1, 福田昌彦*2
    *1 千寿製薬株式会社, *2 近畿大学医学部眼科学教室
  • あたらしい眼科 2005年9号:1299-1308

ガチフロキサシン(ガチフロ®0.3%点眼液)の基礎および臨床

  • 神村 美江 山本 悟史
  • 眼薬理 Vol. 19 No. 1, 2005 :26-34.

ラット網膜の無酸素化での細胞死にはカルパインによる神経細胞骨格タンパク質の分解が関与する

  • 玉田 義之、中嶋 恵美、中嶋 毅、Thomas R. Shearer, 東 光佳
  • Brain Res. 2005;1050(1-2):148-55.

経口投与可能なカルパイン阻害剤の探索:P3位に両親媒性基を有するペプチジル a-ケトアミド誘導体

  • 白崎 仁久、宮下 裕幸、山口 正純、井上 淳、中村 雅之
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry 13, 4473-4484 (2005)

各種筋疾患における、筋鞘膜α-フォドリンのカルパインによる切断について

  • 高群 美和、村田 顕也、玉田 義之、東 光佳、上野 聡
  • Muscle Nerve. 2005; 32(3):303-309.

ステロイド抗炎症薬ジフルプレドナートを含有した乳濁点眼液の製剤化

  • 山口 正純、安枝 真一、礒脇 明治、山本 麻紀子、木村 聖子、稲田 勝弘、大鳥 聡
  • International Journal of Pharmaceutics 301 (2005) 121-128.

ポリビニルアルコールを用いたラタノプロスト含有乳濁点眼液の安定性

  • 境 祐輔、安枝 真一、大鳥 聡
  • International Journal of Pharmaceutics 305 (2005) 176-179.

眼科DDS製剤の現状と今後の進歩

  • 東條 角治、藤本 朋子
  • 月刊薬事 2005. 11 (Vol. 47, No. 12) page 23-28.

カルパインはヒツジの遺伝的白内障形成に関与するだろう

  • Lucinda J. G. Robertson, James D. Morton, 山口 正純, Roy Bickerstaffe, Thomas R. Shearer, 東 光佳
  • Investigative Ophthalmology and Visual Science (2005); 46; 4634-4640

線維柱帯の収縮に対するROCKの役割:霊長類眼球における眼房水流出制御メカニズムの提唱

  • 中嶋 恵美, 中嶋 毅, 南川 洋子, Thomas R. Shearer, 東 光佳
  • Journal of Pharmaceutical Sciences 94 (2005) 701-708.

m-カルパインによるヒトAQP0の切断

  • Hong Ma, 東 光佳, Thomas R. Shearer
  • FEBS Letters 579 (2005) 6745-6748.

薬物療法の現状と展望

  • 山本 禎子、井上 優、土谷 大仁朗、山下 英俊
  • 眼科 2005 Vol. 47, No. 12 page 1819-1829.

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年