論文投稿実績2003

セミミクロHPLCとカラムスイッチング法の併用による房水中ステロイド性抗炎症薬ジフルプレドナートの分析

  • 安枝 真一、木村 聖子、大鳥 聡、掛樋 一晃
  • J Pharm Biomed Anal 2003 Jan 15;30(6):1735-42.

経皮治療システムによる眼への薬物送達

  • 礒脇 明治、大鳥 聡、松尾 由美、東條 角治
  • Biol Pharm Bull 2003 January 26; (1):69-72.

強力なカルパイン阻害剤、N-(4-フルオロフェニルスルフォニル)-L-バリルーL-ロイシナール (SJA6017) の構造活性相関と薬物特性

  • 井上 淳、中村 雅之、崔 応渉、境 裕輔、酒井 修、Jeanette R. Hill, Kevin K. W. Wang, Po-Wai Yuen
  • JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY Volume 46, Issue 5, 868-871.2003.

抗白内障薬としての角膜透過性カルパイン阻害剤の探索

  • 中村 雅之、山口 正純、酒井 修、井上 淳
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry 11, 1371-1379 (2003)

新規ベンゾチアゾリリデンヒドロキサム酸誘導体の合成及びPDF阻害活性

  • 高山 渉、白崎 仁久、境 祐輔、中嶋 恵美、藤田 修平、坂本(旧姓:水谷)佳奈子、井上 淳
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 13 (19), 3273-3276 (2003)

マウス水晶体クリスタリンの不溶化におけるカルパイン2とLp82によるタンパク質分解による影響

  • 東 光佳、玉田 義之、金編 さやか、中嶋 恵美、中村 義邦、吹上 知穂、Neil E. Forsberg, Melinda K. Duncan, Thomas R. Shearer
  • Biochem. Biophys. Res. Commun., 307: 558-563 (2003)

フマル酸ケトチフェンの眼内移行性に及ぼす分配係数の影響

  • 澤 嗣郎、大鳥 聡
  • 眼薬理 Vol.17 No.1 2003: 57-58.

セレナイトによる水晶体上皮細胞でのmRNAの発現変化とミトコンドリア障害

  • P.B. Belusko、 中嶋 毅、東 光佳、T.R. Shearer
  • Biochimica et Biophysica Acta 1623 (2003) 135-142.

プレドニゾロン経皮吸収製剤のin vitro/in vivo/in silico評価

  • 礒脇 明治、大鳥 聡、松尾 由美、東條 角治
  • 化学工学論文集 第29巻 第6号 pp.760~763 (2003)

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年