論文投稿実績2002

摘出ラット網膜における無酸素障害に対するカルパインの関与

  • 玉田 義之、吹上 知穂、大坊 さやか、吉田 征夫、 東 光佳、Thomas. R. Shearer
  • Comparative Biochemistry and Physiology Part B, 131: 221-225 (2002)

再分散性に優れた懸濁点眼液の製剤設計

  • 安枝 真一、稲田 勝弘、松久 敬一、大鳥 聡
  • ファームテクジャパン Vol.18 No.4 (2002) 589-593

水晶体特異的カルパインLp82の特性とその調節機構

  • 吹上 知穂、中嶋 恵美、Hong Ma、東 光佳、Thomas R. Shearer
  • Journal of Biological Chemistry 2002 Jun 7; 277(23): 20678-85

セレナイト投与によるラット水晶体上皮細胞での遺伝子発現の変化

  • 中嶋 毅、中嶋 恵美、吹上 知穂、東 光佳、Shearer TR
  • Exp Eye Res 2002 Feb;74(2):231-6

水溶性カルパイン阻害剤であるペプチジルヒドラゾンの探索

  • 中村 雅之、井上 淳
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 12, 1603-1606 (2002)

抗菌点眼薬における結膜嚢内薬物動態の比較

  • 多鹿 哲也、井坂 光良、榊 秀之、大鳥 聡
  • 眼薬理 Vol.16 No.1 49-50 (2002)

抗アレルギー点眼液、新薬紹介:イブジラスト点眼液(ケタス点眼液)

  • 横柿 修一、鈴木 康代、大橋 光雄
  • 眼薬理 Vol.16 No.1 24-28 (2002)

新規ステロイド剤(ロテプレドノール・エタボネート)の作用発現に関する基礎検討

  • 根本 真吾、井坂 光良、榊 秀之、大鳥 聡
  • 眼薬理 Vol.16 No.1 49-50 (2002)

Mass Measurements of C-terminally Truncated alpha-Crystallins from Two-dimensional Gels Identify Lp82 as a Major Endopeptidase in Rat Lens

  • 上田 洋二、吹上 知穂、Marjorie Shih、Thomas R. Shearer、Larry L. David
  • Molecular & Cellular Proteomics 2002 May; 1(5): 357-65

ROCK阻害薬と緑内障

  • 徳重 秀樹
  • BIO Clinica 17(13):61-64(1191-1194), 2002

糖尿病を自然発症するWBN/Kobラットの白内障形成における組織普遍的カルパインの関与

  • 坂本(旧姓:水谷)佳奈子、吹上 知穂、玉田 義之、東 光佳、Thomas R. Shearer
  • Experimental Eye Research, 75(5):611-617 (2002)

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年