論文投稿実績2000

水晶体特異的カルパインLp85はげっ歯類特異的に発現しているLp82のアイソザイムである

  • H. Ma, M. Shih, I. Hata, C. Fukiage, M. Azuma and T.R. Shearer
  • Current Eye Research, 20 (3): 183-189 (2000)

セレン誘発ラット白内障モデルにおけるアポトーシス

  • Y. Tamada, C. Fukiage, Y. Nakamura, M. Azuma, Y. H. Kim, and T. R. Shearer
  • Biochemical and Biophysical Research Communications, 275: 300-306 (2000)

Synthesis and Aldose Reductase Inhibitory Activities of Novel N-nitromethylsulfonanilide Derivatives

  • Jun Inoue, Ying-She Cui, Osamu Sakai, Yoshikuni Nakamura, Hiromi Kogiso, and Peter F. Kador
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry 8 (2000) 2167-2173

実験的モデルを用いたマウス白内障形成時における水晶体特異的カルパインLp82によるタンパク質分解の関与

  • 中村 義邦,吹上 知穂,Marjorie Shih,Hong Ma,Larry L. David,東 光佳,Thomas R. Shearer
  • Investigative Ophthalmology & Visual Science, May 2000, Vol. 41, No. 6, 1460-1466

A Two-step, One-pot Synthesis of Diverse N-Pyruvoyl Amino Acid Derivatives Using the Ugi Reaction

  • Masayuki Nakamura, Jun Inoue, Takashi Yamada
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 10, 2807-2810 (2000)

ラット網膜の再潅流後障害におけるカルパインの関与

  • Sakamoto YR, Nakajima TR, Fukiage CR, Sakai OR, Yoshida YR, Azuma MR, Shearer TR
  • Curr Eye Res 2000 Jul;21(1):571-80

総説 ラット反復投与毒性試験における計量値データ解析法

  • 榊秀之、五十嵐俊二、池田高志、今溝裕、大道克裕、門田利人、川田光裕、瀧澤毅、塚本修、寺井裕、戸塚和男、平田篤由、半田淳、水間秀之、村上善紀、山田雅之、横内秀夫
    (日本製薬請工業協会 基礎研究部会 第一分科会 統計ワーキンググループ)
  • The Journal of Toxicological Sciences, vol.25, No.2, app.71-81, 2000

水晶体におけるカルパインの機能および白内障形成への関与

  • Thomas R. Shearer, Hong Ma, Marjorie Shih, Chiho Fukiage and Mitsuyoshi Azuma
  • Humana Press Inc., Chapter 32, 277-285 (2000)

水晶体特異的カルパインLp85はげっ歯類特異的に発現しているLp82のアイソザイムである

  • H. Ma, M. Shih, I. Hata, C. Fukiage, M. Azuma and T.R. Shearer
  • Current Eye Research, 20 (3): 183-189 (2000)

Identification and characterization of a retina-specific calpain (Rt88) from rat

  • M. Azuma, C. Fukiage, M. Higashine, T. Nakajima, H. Ma, and T.R. Shearer
  • Curr. Eye Res. 2000; 21(3), 710-720

虚血再潅流によるラット網膜の細胞障害におけるカルパインの関与

  • Sakamoto Y, Nakajima T, Fukiage C, Sakai O, Yoshida Y, Azuma M, Shearer TR
  • Curr Eye Res 2000 Jul;21(1):571-80

Ugi反応を利用したN-ピルボイルアミノ酸誘導体のTwo-step One-pot合成

  • 中村 雅之、井上 淳、山田 隆己
  • Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 10, 2807-2810 (2000).

最新15件2018年2017年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年1998年1997年