学会発表実績2005

  • 一覧
  • 国内
  • 海外
海外

U.S.-Japan meeting cooperative cataract research group (CCRG)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Kona, Hawaii, USA

Low proteolytic activity by the calpain/calpastatin system causes resistance to calcium-induced proteolysis in primate lenses
(霊長類水晶体におけるカルシウム依存性タンパク質分解の抵抗性は、カルパイン/カルパスタチンのバランスによる低タンパク質分解活性が原因である)
○Ryan D. Walkup,中嶋 恵美,東 光佳,Thomas R. Shearer

Characterization of Up84 calpain, a p94 splice variant in human lens
(ヒト水晶体においてp94のスプライスバリアントであるUp84の特徴)
○東根 政勝,Hong Ma, 吹上 知穂,東 光佳,Thomas R. Shearer

C-terminal truncation of aB-crystallin in calcium-induced cataract from cultured primate lenses
(霊長類水晶体培養系を用いたカルシウム依存性白内障モデルにおけるaB-クリスタリンのC末端切断)
○中嶋 恵美,Michael A. Riviere,Larry L. David,東 光佳,Thomas R. Shearer

海外

13th NA ISSX Meeting/20th JSSX Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Wailea Marriott Resort, Wailea, Maui, Hawaii
  • Structure modification of SJA6017 for improving oral availability
    (経口吸収性の向上のための SJA6017 の構造変換)
  • ○白崎仁久、山口正純、宮下裕幸、井上淳、中村雅之

第25回日本眼薬理学会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:パシフィコ横浜 会議センター、横浜
  • エマルション製剤の安全性に関する基礎検討
  • 〇馬場 正樹、他

第25回日本眼薬理学会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:パシフィコ横浜 会議センター、横浜
  • シンポジウム:眼疾患における抗炎症薬
    新薬開発の面から
  • 〇榊 秀之
海外

30th FEBS Congress - 9th IUBMB Conference

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Budapest, Hungary
  • 亜鉛キレート剤によるヒト網膜色素上皮細胞障害におけるカルパインの関与
  • ○玉田 義之1、中嶋 毅1、T.R. Shearer2、東 光佳1,2
    1 千寿製薬株式会社、2 Oregon Health & Science University
海外

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2005 Annual Meeting

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Fort Lauderdale, Florida, U.S.A.

Program#: 4461
Self-Induction of Lacritin in Human Corneal and Conjunctival Cells
(ヒト角膜および結膜細胞におけるラクリチンの自己発現誘導)
○東 光佳1,2、中嶋 毅1、東根 政勝1、T.R. Shearer2、吹上 知穂1
1 千寿製薬株式会社, 2 Oregon Health & Science University

Program#: 4022
Involvement of Calpain in Retinal Ganglion Cell Damage: Proposed Mechanism for Glaucoma in Rat and Human
(網膜神経節細胞の細胞障害におけるカルパインの関与:ラットおよびヒト緑内障におけるメカニズムの提案)
○玉田 義之1、中嶋 恵美1,2、岡 隆之1、T.R. Shearer2、東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社, 2 Oregon Health & Science University

Program#: 990
Calpain Inhibition Attenuates Loss of Retinal Function in Experimental Optic Neuritis
(実験的視神経炎モデルにおけるカルパイン阻害剤の網膜機能改善効果)
○M.K. Guyton1A, B.Rohrer2, 東 光佳3, 井上 淳3, S.K. Ray1B, N.L. Banik1B.
A Microbiology & Immunology, B Neuroscience, 1 Medical Univ of South Carolina, Charleston, SC; 2 Ophthamology, Medical University of South Carolina, Charleston, SC; 3 千寿製薬株式会社

Program#: 1846
In vitro Degradation of Human Aquaporin 0 by M-Calpain
(ヒトアクアポリン0のm-カルパインによるin vitro分解)
○H.Ma1, L.L. David1, M.A. Reviere1, 東 光佳1,2, T.R. Shearer1.
1 Oregon Health & Science University, 2 千寿製薬株式会社

Program#: 4404
Cloning and Characterization of Lacritin in Monkey
(サルラクリチンのクローニングとキャラクタリゼーション)
○中嶋 毅1、吹上 知穂1、玉田 義之1、東根 政勝1、T.R. Shearer2、東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社, 2 Oregon Health & Science University

Program#: 5255
Involvement of Calpain in Retinal Degeneration Induced By N-Methyl-N-Nitrosourea in the Rats
(N-Methyl-N-Nitrosoureaによって誘導されるラット網膜変性症でのカルパインの関与)
○岡 隆之1、中嶋 毅1、T.R. Shearer2、東 光佳1,2
1 千寿製薬株式会社, 2 Oregon Health & Science University

Program#: 5393
Intraocular Concentration of Triamcinolone Acetonide After Sub-Tenon Injection
(トリアムシノロンアセトニドのテノン嚢注入後の眼内薬物動態)
○東山 昌代、大鳥 聡
千寿製薬株式会社

海外

Experimental Biology 2005 (EB 2005)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:San Diego, CA, U.S.A.
  • Contribution of calpain 2-induced proteolysis to experimental cataract in cultured primate lenses
    (霊長類水晶体培養白内障モデルにおけるカルパイン2依存タンパク質分解の関与)
  • ○中嶋 恵美1,2、東 光佳1,2, T.R. Shearer2
    1 千寿製薬株式会社, 2 Oregon Health & Science University

最新15件2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年