学会発表実績2001

  • 一覧
  • 国内
  • 海外

第21回 日本眼薬理学会・第13回国際眼研究会議日本部会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:都市センターホテル、東京
  • ①新規ステロイド点眼液の作用発現に関する基礎検討
    ②各種抗菌点眼液における涙液中薬物動態の比較
    ③視神経損傷モデルにおけるカルパイン阻害剤の網膜神経節細胞保護効果
  • ①○根本 真吾、榊 秀之
    ②○多鹿 哲也、榊 秀之
    ③○全 美子、玉田 義之、吉田 征夫、東 光佳
海外

2001 FASEB SUMMER RESEARCH CONFERENCES

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Montana, U.S.A.
  • Lp82 calpain hydrolyzes other calpains in lens.
  • C. Fukiage (1,2), M. Azuma (1,2), Y.H. Kim (1), H. Ma (1), and T.R. Shearer(1) *(1): Oregon Health Sciences University, Portland, OR, U.S.A. *(2): Senju Pharmaceutical Co., Ltd. Beaverton, OR, U.S.A.
海外

Association for Research in Vision and Ophthalmology

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Fort Lauderdale, Florida, U.S.A.

C. Fukiage, M. Azuma, T.R. Shearer
Characterization of recombinant Rt88 from rat retina.
(ラット由来網膜特異的遺伝子Rt88の組換え体を用いた機能解析)

K. Mizutani, Y. Tamada, C. Fukiage, M. Azuma, and T.R.Shearer
Involvement of calpain isoforms in retinal degeneration in WBN/Kob rats.
(WBN/Kobラットにおける網膜変性症に対するカルパインアイソフォームの関与)

T. Nakajima, C. Fukiage, M. Azuma, H. Ma, T.R. Shearer
Different expression patterns for ubiquitous and p94 splice variants in monkey ocular tissues.
(サル眼組織におけるp94スプライスバリアントの発現の多様性)

M. Azuma, C. Fukiage, Y. Tamada, Y. Nakamura, N. Forsberg, M. K. Duncan, T. R. Shearer.
Lens-directed, dominant negative for m-calpain suggests participation of multiple calpains in rodent cataract formation.
(m-カルパイントランスジェニックマウス(ドミナントネガティヴ効果)水晶体を用いたカルパインアイソフォームの白内障への関与の検討)

Y. Tamada, C. Fukiage, K. Mizutani, M. Yamaguchi, Y. Nakamura, M. Azuma, T. R. Shearer
Calpain inhibitor, SJA6017, reduces the rate of formation of selenite induced-cataract in rats.
(カルパイン阻害剤SJA6017によるセレン誘発ラット白内障の遅延)

M. Shih, L.L. David, K.J. Lampi, M. Azuma, T.R. Shearer
m-Calpain enhances heat-induced, in vitro light scattering by crystallins from non-rodent lenses.
(m-カルパインによる非げっ歯類水晶体由来クリスタリンの熱誘導による不溶化の増加)


T.R. Shearer, M. Shih, Y. Ueda, C. Fukiage, M. Azuma, L.L.David
Unique cleavage sites on αA-crystallin identify relative activities of Lp82 and m-calpains in rat lens.
(ラット水晶体におけるLp82およびm-カルパインによるαA-クリスタリン分解の特異的部位の決定)

海外

Experimental Biology 2001

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Orlando, FL, U.S.A.
  • The role of Lp82 in lens cataract formation.
    (白内障形成におけるLp82の関与)
  • C. Fukiage, M. Azuma, T. R. Shearer

日本薬学会 第121年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:日本薬学会 第121年会
  • ①ロテプレドノールエタボネート(LE)の光による分解生成物の構造解析
    ②眼科薬物動態モデルを用いたβブロッカー点眼液の処方設計
    ③眼科用経皮吸収製剤による眼組織への薬物送達
    ④Ugi反応を利用したα-ケトアミド誘導体のTwo-step One-pot合成

①○白崎 仁久、稲田 勝弘
②○東山 昌代1、稲田 勝弘1、大鳥 聡1、東條 角治2
 1 千寿製薬株式会社、2 九州工業大学
③○礒脇 明治1、大鳥 聡1、東條 角治2
 1 千寿製薬株式会社、2 九州工業大学
④○中村 雅之1、井上 淳1、山田 隆己2
 1 千寿製薬株式会社、2 甲南大学

海外

3rd International Glaucoma Symposium

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Prague, Czech Republic
  • Effect of Rho-associated Protein Kinase Inhibitors on Ciliary Muscle and Trabecular Meshwork Contractility
    (毛様筋およびトラベキュラーメッシュワーク収縮に対するROCK阻害剤の効果)
  • Y. Kawamoto, Y. Yoshida, M. Waki, T. Fujii, and M. Azuma

第25回角膜カンファランス

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:りんくう国際会議場・全日空ゲートタワーホテル大阪、泉佐野
  • ブロムフェナクナトリウムとジクロフェナクナトリウムの角膜上皮細胞に対する細胞毒性の比較検討
  • ○徳重 秀樹、榊 秀之、中 裕亮

最新15件2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年