学会発表実績2000

  • 一覧
  • 国内
  • 海外
海外

2000 GRC ON MEDICAL CHEMISTRY

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:COLBY-SAWYER COLLEGE, NEW LONDON, NH, U.S.A.
  • Calpain inhibitors for cataracts and retinal degeneration
    (白内障および網膜変性に対するカルパイン阻害剤の効果)
  • Jun Inoue (Senju Pharmaceuticals)

Chair: Graham Johnson BMS
Vice-Chair: Kelvin Cooper Pfizer
Chair: Kelvin Cooper Pfizer
Discussion Leader: Michael Rafferty, Parke-Davis, Warner-Lambert

第15回日本眼内レンズ屈折手術学会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:東京国際フォーラム、 東京
  • キーノートスピーチ4:術後炎症:フィブリンと角膜上皮剥離
    「抗プロスタグランジン剤の薬効と副作用」
  • ◯ 小河 貴裕
海外

Fourth Australia / Japan joint symposium on Drug Design

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Melbourne, Australia
  • Structure-activity relationship study and anti-cataract activity of N-sulfonyl-dipeptide aldehyde as a potent calpain inhibitor
    (強力なカルパイン阻害活性を有するN-スルフォニルジペプチドアルデヒド誘導体の構造活性相関に関する研究と抗白内障活性)
  • 井上 淳、中村 雅之、玉田 義之、中村 義邦、酒井 修、東 光佳
海外

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Florida, U.S.A.

・CALPAIN
  M. Azuma
    UV-B Oxidation Enhances Calpain-Induced Light Scattering in Young Rat Lenses.
   (UV-Bによる酸化はカルパインが誘発する幼若ラット水晶体の混濁を増強する)
・CALPAIN
  C. Fukiage
   Tissue Specific Calpains from Rat Retina.
   (ラット網膜組織にて発見された組織特異的カルパイン)
・CALPAIN
   T. Nakajima
    Involvement of Calpain Isoforms in Ischemia-Reperfusion Injury in Rat Retina.
    (ラット網膜の虚血再潅流障害におけるカルパインの関与)      

第73回日本薬理学会年会

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:パシフィコ横浜、 横浜
  • 眼疾患治療薬開発のための動物実験モデル
    「眼炎症モデル」
  • ◯ 小河 貴裕
海外

3rd International Symposium on Ocular Pharmacology and Pharmaceutics (ISOPP)

  • 開催日: 発表予定
  • 開催地:Lisbon, PORTUGAL

● INTERNATIONAL ADVISORY BOARD
 <Scientific Advisory Board in Japan>
   新家 真 (東京大学 眼科 教授)
   本田 孔士 (京都大学 眼科 教授)
   北澤 克明 (岐阜大学 眼科 教授)
   木下 茂 (京都府立医科大学 眼科 教授)
   坪田 一男 (東京歯科大学 眼科 教授)
   柏井 聡 (京都大学 眼科 講師)
   平光 忠久 (浜松医科大学 光量子医学研究センター 教授)
   西郡 秀夫 (帝京大学 薬学部 RI中央研究所 教授)
   奥村 敦司 (千寿製薬 研究開発企画部長)

● 発表演題リスト
<< Sponsored Product Session >>
 ・BROMFENAC
   M. Isaka
     A new cyclooxygenase inhibitor as analgestic and anti-inflammatory agent
 ・GATIFLOXACIN
   A. Okumura
      New 8-methoxy quinolone, gatifloxacin
 ・RISARESTAT (CT-112)
   T. Kikuya
     Topical aldose reductase inhibitor, risarestat(CT-112), for diabetic keratopathy

<< Oral presentation or Poster >>
 ・TA-2711
   H. Tokushige
     Effect of Ecabet Sodium on Secretion of Mucin-like Glycoproteins in Ocular Surface
 ・DIFLUPREDNATE
   M. Yamaguchi
     Studies on Intraocular Penetration of Steroid Ophthalmic Emulsion
 ・BROMFENAC
    M. Isaka
     Bromfenac Safety to Liver : A Case for Ophthalmic Administration
 ・TIMOLOL-LA
   M. Higashiyama
     Ocular Bioavailability Improved by Computer Simulation
 ・SJA-6017
   Y. Sakamoto
     Protection by a Calpain Inhibitor of Neuronal Cells from Ischemic Injury in Retina
 ・ROCK INHIBITOR
   M. Waki
     Rho-kinase Inhibitor, Y-27632, as a Possible Anti-glaucomatous Drug
 ・Rt 88
    C. Fukiage
     Tissue Specific Caplains in the Eye

最新15件2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年