学会発表実績2007

  • 一覧
  • 国内
  • 海外

American College of Clinical Pharmacy (ACCP) 2007 Annual Meeting

  • 開催: 発表予定
  • 開催地:Denver, Colorado, U.S.A.
  • Evaluations of the Human COX-1 and COX-2 Inhibition for Amfenac, Bromfenac, Diclofenac and Ketorolac.
    (アムフェナク、ブロムフェナク、ジクロフェナク及びケトロラックのヒト由来シクロオキシゲナーゼ‐1及び2阻害活性の評価)
  • ○喜田 徹郎1, 小河 貴裕2, Timothy R. McNamara3, Clara K. Song3, James A.Gow3.
    1 千寿製薬株式会社, 2 Senju USA, Inc., 3 ISTA Pharmaceuticals, Inc.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) 2007 Annual Meeting

  • 開催: 発表予定
  • 開催地:Fort Lauderdale, Florida, U.S.A.
  • Program#/Poster#: 2651/B741
    Preclinical Pharmacokinetics of Difluprednate Emulsion
    (ジフルプレドナート乳化点眼剤の非臨床薬物動態)
    ○井上 淳, 山口正純, 榊 秀之, 喜田徹郎, 多鹿哲也, 稲田勝弘, 大鳥 聡

    Program#/Poster#: 2652/B742
    Efficacy of Difluprednate Ophthalmic Emulsion in Preclinical Studies of Uveitis
    (ジフルプレドナート乳化点眼剤のぶどう膜炎モデルにおける効果)
    ○奥村敦司, 都築祐勝, 和田智之, 喜田徹郎, 多鹿哲也, 榊 秀之, 大鳥 聡

    Program#/Poster#: 2653/B743
    Preclinical Toxicity of Difluprednate Emulsion
    (ジフルプレドナート乳化点眼剤の非臨床毒性評価)
    ○榊 秀之, 根本真吾, 喜田徹郎, 多鹿哲也, 大鳥 聡

    Program#/Poster#: 2654/B744
    Ocular Distribution and Metabolism After Instillation of Difluprednate Ophthalmic Emulsion in Rabbits
    (ジフルプレドナート乳化点眼剤のウサギ点眼投与後の眼組織分布と代謝)
    ○多鹿哲也, 木村聖子, 喜田徹郎, 榊 秀之, 大鳥 聡

    Program#/Poster#: 2655/B745
    Difluprednate Emulsion Inhibits Postoperative Inflammation in Rabbit Paracentesis Model
    (ジフルプレドナート乳化点眼剤はウサギ前房穿刺モデルの術後炎症を抑制する)
    ○喜田徹郎, 高橋浩昭, 都築祐勝, 多鹿哲也, 榊 秀之, 大鳥 聡


    Long-term Observation of Cultivated Corneal Endothelial Transplantation in Primates
    (霊長類を用いたアロ培養角膜内皮移植後の長期観察)
    ○小泉範子1,4, 坂本雄二2, 岡原則夫3, 土屋英明3, 鳥居隆三3, クーパー LJ4, 木下茂4.
    1 同志社大学・再生医療研究センター, 2 千寿製薬株式会社, 3 滋賀医大・動物生命科学研究センター, 4 京都府立医科大学・眼科学教室

    Expression of Cell Cycle Molecules in Primate Corneal Endothelial Cells and Primate Cultivated Corneal Endothelial Cells
    (霊長類の角膜内皮細胞と培養角膜内皮細胞における細胞周期制御分子の検討)
    ○奥村直毅1, 小泉範子1,2, 松田彰1, 坂本雄二3, 木下茂1.
    1 京都府立医科大学・眼科学教室, 2 同志社大学 再生医療研究センター, 3 千寿製薬株式会社

    Detection of Mutations in Quinolone Resistance-Determining Regions in Methicillin-Susceptible and -Resistant Clinical Isolates of Staphylococcus epidermidis : Effects of the Mutations on Fluoroquinolone MICs
    (メチシリン感受性および耐性表皮ブドウ球菌臨床分離株のキノロン耐性決定領域の変異解析:キノロン感受性(MIC)に及ぼす遺伝子変異の影響)
    ○南川洋子1, 羽藤 晋2, 山田昌和2.
    1 千寿製薬株式会社, 2 国立病院機構東京医療センター・感覚器センターProgram#/Poster#: 384/B586
    Ecabet Sodium Promotes MUC5AC Secretion in Rabbit Tears
    (エカベトナトリウムはウサギ涙液中のMUC5AC分泌を促進する)
    ○水戸千恵1, 徳重秀樹1, 喜田徹郎1, 榊 秀之1, 小河 貴裕2
    1 千寿製薬株式会社, 2 Senju USA Inc.

    Program#/Poster#: 4279/B660
    Species Difference in Corneal Metabolism of Fluorometholone
    (フルオロメトロンの角膜代謝における種差)
    ○白崎仁久, 多鹿哲也, 高橋浩昭, 喜田徹郎, 榊 秀之

    Program#/Poster#: 2244/B853
    Polylactic Acid for Visualizing Vitreous Body During Vitrectomy
    (硝子体切除術中のポリ乳酸による硝子体可視化)
    ○坂本泰二1, 山下敏史1, 山切啓太1, 三浦宗希2, 江内田 寛2, 石橋達朗2, 厚見育代3, 松久敬一3, 坂本雄二3, 喜田徹郎3
    1 鹿児島大学, 2 九州大学, 3 千寿製薬株式会社


Program#/Poster#: 5834/B371
Involvement of Cycloxygenase-1 and -2 in Ocular Inflammation and Pain Using a Rabbit Model
(ウサギ眼炎症及び疼痛モデルにおけるシクロオキシゲナーゼ-1と-2の関与)
○小河貴裕1, 喜田徹郎1, C.K. Song2, J.A. Gow2, T.R. McNamara2
1 Senju USA, Inc., 2 ISTA Pharmaceuticals, Inc.

Long-term Observation of Cultivated Corneal Endothelial Transplantation in Primates
(霊長類を用いたアロ培養角膜内皮移植後の長期観察)
○小泉範子1,4, 坂本雄二2, 岡原則夫3, 土屋英明3, 鳥居隆三3, クーパー LJ4, 木下茂4.
1 同志社大学・再生医療研究センター, 2 千寿製薬株式会社, 3 滋賀医大・動物生命科学研究センター, 4 京都府立医科大学・眼科学教室

Expression of Cell Cycle Molecules in Primate Corneal Endothelial Cells and Primate Cultivated Corneal Endothelial Cells
(霊長類の角膜内皮細胞と培養角膜内皮細胞における細胞周期制御分子の検討)
○奥村直毅1, 小泉範子1,2, 松田彰1, 坂本雄二3, 木下茂1.
1 京都府立医科大学・眼科学教室, 2 同志社大学 再生医療研究センター, 3 千寿製薬株式会社

Detection of Mutations in Quinolone Resistance-Determining Regions in Methicillin-Susceptible and -Resistant Clinical Isolates of Staphylococcus epidermidis : Effects of the Mutations on Fluoroquinolone MICs
(メチシリン感受性および耐性表皮ブドウ球菌臨床分離株のキノロン耐性決定領域の変異解析:キノロン感受性(MIC)に及ぼす遺伝子変異の影響)
○南川 洋子1, 羽藤 晋2, 山田 昌和2.
1 千寿製薬株式会社, 2 国立病院機構東京医療センター・感覚器センター

American Society of Cataract and Refractive Surgery (ASCRS) 2007 Symposium

  • 開催: 発表予定
  • 開催地:San Diego, California, U.S.A.
  • Evaluations of the Human COX-2 Inhibition for Amfenac, Bromfenac, Diclofenac and Ketorolac.
    (アムフェナク、ブロムフェナク、ジクロフェナク及びケトロラックのヒト由来シクロオキシゲナーゼ‐2阻害活性の評価)
  • ○喜田 徹郎1, 小河 貴裕2, Timothy R. McNamara3, Clara K. Song3, James A.Gow3.
    1 千寿製薬株式会社, 2 Senju USA, Inc., 3 ISTA Pharmaceuticals, Inc.

最新15件2017年2016年2015年2014年2013年2012年2010年2008年2007年2006年2005年2004年2003年2002年2001年2000年1999年