手術で濁った水晶体を取り除くと、光が透過するようになります。さらに、近年、水晶体の代わりにプラスチックでできた人工のレンズ(眼内レンズ)を白内障手術と同時に挿入することで、もとに近い視力が得られるようになってきました。眼内レンズは本物の水晶体と違って、焦点は常に一定に固定されたままですので、必要に応じてメガネやコンタクトレンズで調節することもあります。ただ、眼内レンズは、人体にとって異物となりますので、その人に合うかどうかを事前によく確認してから挿入するかどうかを決めます。
 
     
 
 眼内レンズにはいろいろな材質や形状があります。眼球内部の形や病気の進み具合や手術する医師の経験でどの型にするかを決めます。
 
     
 
 眼内レンズは、メガネと同じように人によって度数が異なります。その人の眼球の測定値をもとに計算し、さらに、その人の生活に最適な視力を考えて、度数を決めます。
 
   
 
 眼内レンズは、通常白内障手術のとき同時に挿入されます。よく行われる外摘出術で水晶体を取り除いた場合、残った後ろ側の被膜(後)で眼内レンズを支える形で移植します。




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.