水晶体は、目の瞳の奥にある直径9mm、厚さ3.5mmほどの凸 レンズ状の透明な組織です。カメラのレンズと同じように、外から入ってきた光を目の奥の網膜にピントを合わせる働きがあります。厚さを自由に変えることにより、遠くのものも近くのものも同じように焦点を合わせて見ることができるのです。透明なこの水晶体がだんだん濁ってくるのが白内障です。濁ってくると光が通 る量が減ってきますので、視力にも影響が出てきます。霧がかかったように見えたり、濁りで光が乱反射するのでまぶしく感じることがあります。ただ、痛みはありませんので、すぐには気づかないことが多いのです。
 




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.