40歳を超えてから始まる老眼は、「近くを見ると疲れる」という眼精疲労とよく似た症状からはじまリ、よく間違えられることがあります。遠くから近くに視線を移したとき、ピントが合うまでに時間がかかるようになれば、老眼の初期症状です。パソコン作業の時間に比例して眼精疲労を感じるようであれば、老眼鏡の準備が必要かもしれません。
 パソコン作業では、デスク上の書類やパソコン画面やキーボードという距離の異なるものを交互に見る必要があります。ですから老眼鏡のレンズの上半分を画面 用に、下半分をキーボードやデスクに焦点を合わせた遠近両用のレンズが便利です。ただし、ふつうの遠近両用メガネでは、正面 を見るとき遠方用に合わせていますので、中距離と近距離用に焦点を合わせた“中近”両用メガネが必要です。
 




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.