メガネが合っていなくて起こる眼精疲労も案外多いのです。メガネは、単によく見えるというだけではなく、目的に合っていることが必要です。たとえば、近視の人が老視となったときの室内用メガネを考えてみましょう。近見作業専用には、老視用メガネは必ず完全に矯正したものを用意しますが、室内用は遠方視用より少し弱く矯正します。これは近見作業だけでなく、室内でも少しは調節が必要だからです。また、最近流行の境目のない累進多焦点レンズ(遠近両用メガネ)は、レンズの度数だけでなく、レンズのデザインの選択がたいへん重要です。
 メガネをつくるときは、必ず眼科医でレンズの度数やデザインを決めて眼鏡処方箋を発行してもらいましょう。また、レンズばかりでなく、メガネのフレームも正しくフィッティングされていることが眼精疲労を防ぐためには必要です。
 




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.