調節や屈折の度数を示す単位 をジオプター(記号は“D”)といいます。たとえば読書(目と本の距離が1/3m)のときの目の調節力が3Dです。若いころ自由に膨らみを変えられた水晶体も年齢とともに弾力が低下し、読書にも3D以下の調節力しかなくなります。これが老眼(老視)です。老眼鏡が必要(正視の場合)となりますが、実はメガネをかけずに見えにくいのを我慢して眼精疲労になるケースは多いのです。
 また、老眼ではなく調節力が低下する“調節不全”や一定の調節が持続できない“調節衰弱”など、何らかの原因によって水晶体の調節力に異常が起こっても眼精疲労になります。この場合は全身の健康状態も影響します。さらに、内よせの力が弱っている場合や外斜視の場合も、必要以上に内よせを強要されますので、これも眼精疲労のもととなります。
 




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.