外からの光は、まず角膜を通 り、ついで瞳孔から眼内に入ります。角膜は凸球面をしていて光を“屈折”させる働きがあり、瞳孔は大きさを変えることによって光をしぼる役目があります。光はさらに水晶体を通 り、網膜で像を結びます。水晶体は網膜にピントを合わせる凸レンズの役目がありますが、屈折力が固定している角膜と違い、目的までの距離に応じて膨らみを変え、屈折力を変えることができます。つまり、近くを見るときには毛様体筋を緊張させ、水晶体がより厚くなってピントをあわせるのです。これを“調節”といいます。  左右の目の網膜に届いたそれぞれの像は、視神経などの各神経を通って大脳に伝わり、そこでようやく一つの像としてまとまります。この働きを“両眼視”といいます。これまでの段階のどこに故障があっても正しい“見る”という認識は得られないのです。
   
 




千寿製薬ホームページ会社概要個人情報保護方針
千寿製薬株式会社 (C)Copyright Senju Pharmaceutical Co.,Ltd. All rights reserved.