瞳の休憩室「Rest eye」

女性が、涙もろくて、泣き虫な理由

一般に、男性と女性とでは、女性の方が泣きやすく、涙を多く流す傾向にあるようです。「涙は女の武器」とか「女の涙に男は弱い」という言葉があるのは、やはり男性より女性がよく泣くことから生まれてきたのだと思います。

では、どうして女性の方がよく涙を流すのでしょうか? 
「女性の方が感受性が豊か」だからでしょうか。あるいは「男は『泣くな!』と教育されて育つ」からでしょうか。

まあ、そのようなことも理由としてあげられるかもしれませんが、それより涙に含まれる成分が大きく関係しているという学説があるのです。目の涙腺にあるプロラクチンというホルモンが、それです。

プロラクチンとは、乳腺の発達や乳汁分泌を促す、女性ホルモンのひとつ。これが涙腺にもあることが近年の研究でわかってきたそうです。

もともと、プロラクチンは男女のどちらにもあるのですが、いわゆる成長期をむかえる頃から、女性のプロラクチンは増えていき、男性の約1.5倍にまでなるのです。

このホルモンの作用で、女性は涙腺が刺激されやすく、涙もろくなっているのではないかと考えられています。

体のメカニズムが違うことで、生理的な傾向も変わってくるのですから、人間の身体というのは不思議なものですね。

でも、ホルモンのせいだと言われたとしても、男性はやはり、女性の涙にはいつも困り果てるのではないでしょうか。これは、時代が移ろっても変わらないような気がします。