瞳の休憩室「Rest eye」

なるほど!目の雑学

前のページへ

「目からウロコが落ちた」と言った、最初の人はダレ?

何かがきっかけになって、急に物事がよく見えるようになったり、理解できるようになることを、「目からウロコが落ちる」と言いますね。有名な慣用句なので、みなさんもよくご存知でしょう。

確かに、目の上にウロコがかぶさっていて、それが急にとれたら視界がすっきりとして何でも見えるような気がします。

では、この「目からウロコが落ちる」という慣用句は、どのようにできたのでしょう? 人類で一番最初に、目からウロコを落とした人っているのでしょうか?

クイズ形式にしてもいいのですが、今回はあっさりと解答を書いてしまいましょう。「目からウロコ」の語源は、なんとキリスト教の「聖書」なんです。

新約聖書の『使徒言行録』第9章に、パウロ(当時はサウロと名乗っていた)という人物が出てきます。彼は、最初キリストを迫害する立場で、信者を捕まえて死刑にしたりしていたそうです。

そして彼は、信者たちを追ってダマスコという地に向かっていたのですが、その途中「サウロ、なぜ私を迫害するのか」というイエスの言葉を聞き、それによって回心し、神への信仰を誓ったのです。

パウロは洗礼を受けたのですが、その時に「目からウロコのようなものが落ち」、見えなくなっていた目が見えるようになったと記されています。

それまで見えていなかったキリスト教への信仰が、はっきりと見えるようになったという例えとなるエピソードなのでしょう。その後パウロは、聖人の一人となっています。

「目からウロコ」と言えば、なんとなく中国の故事来歴かと思いがちですが、違ったのですね。聖書が語源のことわざには、この他にも「豚に真珠」とか「砂上の楼閣」などがあるんですよ。