Eyeノート[目の病気]

のアイコンがついたリンクをクリックすると「目のしくみと涙のしくみ」をポップアップでご覧いただけます

ポップアップについて

麦粒腫[ものもらい](ばくりゅうしゅ[ものもらい])

めばちこ?、めいぼ?、ものもらい(麦粒腫)は感染症です!

ものもらいは、眼瞼(まぶた)や目の縁に黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌などの細菌が感染して起こります。まぶたの一部が赤く腫れ、ズキズキするような痛みがあったり、押えると痛いのが特徴です。

ものもらい は医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といいます。ものもらいという呼び名は主に東日本でのもので、地方によっては、「めいぼ」、「めばちこ」などと呼ばれています。

最初はかゆく、やがて赤く腫れて痛くなる

ものもらい(イメージ)ものもらいができれば、最初はまぶたに部分的な赤みが見られますが、この時点では多くの場合、痛みは少なく、軽いかゆみをともなう程度です。症状が進んでくると、「赤み、腫れ、痛み」といったいわゆる「炎症(えんしょう)」の症状が強くあらわれてきます。その後、膿んだ部分が自然に破裂し、膿が出てしまえば、症状が治まり、回復に向かいます。

自然に治る場合が多いが、抗菌薬の点眼や飲み薬が有効

2~3週間程度で自然に治る場合もありますが、他の目の病気が潜んでいる可能性もあるため、眼科を受診し、正しい診断・治療を受けることが薦められます。

点眼、内服 抗菌薬(イメージ)治療としては抗菌薬の目薬(点眼)や飲み薬(内服)を使用します。症状が進んで膿がなかなかでない場合は、注射針により膿を出す処置を行うこともあります。

ものもらいの予防としては、汚い手で目をこすったりしないように注意します。女性の場合は、日頃からアイメイクをしっかり落とし、清潔に保つことが大切です。

一覧へ戻る