社会・環境への取り組み

福崎工場環境報告(2012年)

弊社福崎工場の企業活動が及ぼす環境側面において、法令や地元自治体との協定に違反するものはありませんでした。

水質汚濁の防止(工場排水)

福崎工場の排水は、接触ばっ気・凝集沈殿・活性炭吸着など、何段階もの処置を経て放流しています。
処理水の一部はトイレ用水等に再利用して放出量を削減しています。
毎月1回の測定で水質管理に努めています。
2012年度において、法令及び自治体との協定に違反する項目はありませんでした。

測定項目 法令規制値および
自治体との協定値
実績値(2012年4月~2013年3月)
最小 最大
pH 5.8~8.6 5.9 7.4
BOD 10mg/L 以下 0.6mg/L 3.1mg/L
COD 10mg/L 以下 1.6mg/L 8.4mg/L
SS 10mg/L 以下 1.0mg/L 未満 3.0mg/L
窒素 1.84kg/日 0.23kg/日 0.91kg/日
リン 0.07kg/日 0.002kg/日 0.009kg/日

大気汚染物質の低減(排ガス)

ボイラーの燃料は、重油より硫黄分が少なく、排ガスが比較的きれいな灯油を使用しています。
また、年2回の測定を行い、汚染の予防に努めています。
2012年度において、法令および自治体との協定に違反する項目はありませんでした。

測定項目 法令規制値 実績値(2012年4月~2013年3月)
最小 最大
ダスト濃度 0.30g/m3N 以下 0.001g/m3N 未満 0.002g/m3N
NOx 180ppm 以下 52ppm 89ppm

環境への取り組みトップへ戻る