動物用医薬品・動物用医薬部外品・アニマルヘルス製品情報

非ステロイド性抗炎症点眼剤
ティアローズ

  • 動物用医薬品
  • 犬用
ティアローズ

画像をクリックすると拡大イメージを表示します。

イヌの結膜炎、角膜炎、眼瞼炎の治療に

特性

  • イヌの結膜炎、角膜炎、眼瞼炎に良好な臨床効果が認められている
  • 実験的眼炎症においてプロスタグランジンの生成を抑制する(ウサギ)
  • アレルギー性結膜炎、急性結膜炎および持続性結膜炎などの各種実験的結膜炎に抗炎症作用が認められている(ラット、イヌ)
  • 角膜創傷治癒の遅延作用は認められていない(ウサギ)
  • 細菌、ヘルペスウイルスによる感染症の増悪や治癒の遅延は認められていない(マウス、ウサギ)
  • 外眼部および前眼部の各組織に良好な移行性が認められている(ウサギ)
  • 承認時及び使用成績調査での総症例921例中9例(0.98%)に副作用が認められた
    副作用内容は、点眼による刺激4件(0.43%)、角膜潰瘍2件(0.22%)、びまん性表層角膜炎1件(0.11%)、創傷性角膜炎1件(0.11%)、眼乾燥症候群1件(0.11%)であった(再審査終了時)
剤形容量
無色澄明点眼液5mL
組成
1mL中プラノプロフェン1mgを含有
添加物としてホウ酸、ホウ砂、ポリソルベート80、エデト酸ナトリウム水和物、ベンザルコニウム塩化物を含有
効能・効果
犬:結膜炎、角膜炎、眼瞼炎
用法・用量
通常、1回1~2滴、1日4回点眼する。
なお、症状により適宜回数を増減する。
包装
5mL×10
使用期限
製造後3年

※効能・効果、用法・用量、使用上の注意等の詳細については添付文書をご覧ください

ダウンロード

製品一覧へ戻る